蔵書検索・予約
横断検索

移動図書館
しゃくなげ号


みささ図書館
携帯用サイト
みささ図書館
スマフォサイト
ホーム > 読書週間
読書週間

2021読書週間 2021読書週間 追悼

10月27日(水)から11月9日(火)まで、第75回 読書週間です。

今年の標語は「最後の頁を閉じた 違う私がいた」です。

 

図書館では読書の秋ということで読み物を中心に用意しています。

※ドラマや映画化された(これからされる)原作小説。

※タレント、芸能人が書いた小説。

※今年亡くなった作家の作品で追悼特集。

 

普段は忙しくてなかなか本を読む時間がないかもしれません。

多少時間がかかったとしても、一冊の本を読み終えたときに感じる何かがあるはずです。

これを機に読書をはじめてみませんか?

 

読書週間について

終戦まもない1947年(昭和22)年、まだ戦火の傷痕が至るところに残っているなかで「読書の力によって、平和な文化国家を作ろう」という決意のもと、出版社・取次会社・書店と公共図書館、そして新聞・放送のマスコミ機関も加わって、11月17日から、第1回『読書週間』が開催されました。 そのときの反響はすばらしく、翌年の第2回からは期間も10月27日~11月9日(文化の日を中心にした2週間)と定められ、この運動は全国に拡がっていきました。
 そして『読書週間』は、日本の国民的行事として定着し、日本は世界有数の「本を読む国民の国」になりました。
 いま、電子メディアの発達によって、世界の情報伝達の流れは、大きく変容しようとしています。しかし、その使い手が人間であるかぎり、その本体の人間性を育て、かたちづくるのに、「本」が重要な役割を果たすことはかわりありません。